2017年7月19日水曜日

流動的

モチベーションをあげるには楽しいコトが一番です。

楽しいコトを感じているときは全てうまくいきそうな流れになっていきます。

それ見つけるのは難しいというか自然になっていくんだと思うんです。

今の僕が少しだけ時間を割いている職場は、人の動きが流動的で作業に終わりがありません。
時間が変わるトキが切れ目みたいなもんです。ただ成果は何ヶ月かして、掲示板に張り出される
お知らせで全体的にざっくりとわかるだけです。

そんな中で何時間か過ごしてきて、いろいろ勉強というか経験になりました。
一番はモチベーションをあげる瞬間を自分でさがすということです。

それをしないと周りに同化してしまう恐れがあり、ちょい危険だなと感じていました。

何か変化をつける。時間にとらわれず、スマートフォンにとらわれずに変化をつける。

やはり身体と脳に聞くしかない。ということですね。

頑張っているという言い方はおかしいですが、なにか努力しているヒトと一緒に成果をあげる。
なにもやらずにごまかしているヒトは視界にいれないし、気にかけない。

身体が反応するようです(笑

流動的なヒトのいる場所だからこそ、気付けたのかも知れません。