2017年8月19日土曜日

Canon Eos 7


Canon Eos 7

Fuji Film RDP II

SOD

SODを厳密にミクスチャーのジャンルにはいれられないけど、ハードコアパンクとheavy metalのクロスオーバーに関して言えば歴史に加える一枚であることに 間違いはありません。 これも久しぶりに聴いてますが、音作りからカッコ良過ぎますね。 ベースの音もダンリルカらしいブリブリした感じもカッコイイ! ANTHRAXを聴いていた時期から、一歩奥へ踏み込んでしまったアルバムがSOD。 ジャケットから何から何まで色褪せないんです。 再結成後のライブ。 これも燃えたなぁ、ヤバイな〜。 1曲めでのビリーミラノが、スピーカーからのダイブしたあとなぜか客をマイクで殴るのがウケた。 インタビューシーンでメンバーが着ているシャツもイイんですよね。 Speak English Or Die!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

2017年8月18日金曜日

Canon F-1


CANON F-1 

Across Neopan 100

八景島

先週末のお盆、八景島にある旅館に1泊しました。
急に決めたんで、空いているところもなく友達の家が近いという理由で決めた宿。

妻が猫好きもあったので、googleでの評価含め決めました。

ホント素泊まりだったけど、久しぶりの旅館の匂いを感じられたのは楽しかった。

ホテルに慣れてしまったら、アレって思うけどまぁ、これはこれでイイんじゃないでしょうか。
畳を踏むのも久しぶり。

いまは畳なんて無いですからね、都会だと。

日本らしくてもっと増えるいうか残してほしい。
コストパフォーマンスの面から考えるとフローリングが適しているのかも知れませんが、
大切なのはソコじゃない気がする。

未来的というか近代的じゃないのも、誰が決めたのか、、、




巨大なネコがお出迎え。

インスタ映えというアホな言葉が当てはまるかわかりませんが、フロントのおばちゃんとの会話も楽しめました。昨日今日とインスタ映えが、テレビで取り上げられていたけど内容がどれも一緒で終わってるなって印象。

こちらに泊まりました。


2017年8月17日木曜日

Living color

やっと紹介できる Living Color です(笑 Fishboneに続き、黒人のミクスチャーバンドの代表格だったバンドです。 ミクスチャーの定義ですが、たぶん彼らはそこまで意識していないと思います。 それは音源を聴いていても気づくのですが、日本でブームとなったミクスチャーは チョッパーベースにプラスして、RAPをベースとしたボーカルラインとスラッシュメタル に見られるギターリフが加わった展開の曲調が魅力でした。 そう考えると、FishboneやLiving Colorは先ほどの特徴のある曲は少ないんです。 RAP調の歌に関しては、ほぼナシと言ってもいいでしょう。 Living Color にいたってはロック色が強くて、3枚目あたりからはPANTERAあたりを意識した 音作りになっていきます。 ビデオクリップの感じだと、当時のHIP HOP感が色合いなんかに出ているのも気づきました。 当時はそこまで踏み込んでチェックしていなかったのもありますね。 代表曲はこれになるかな。 一発目のギターリフが、カッコいいのとインパクトあるなって。 Tシャツも当時探したんですが、カッコいいのがなかった日本。 結局、代理店経由なのか欲しいのはライブ会場じゃないと買えない状況もありました。 バンドロゴのシンプルなのが欲しいのに、インクベッタリの派手なデザインばかりで、これは他のバンドにも言えました。 ちなみにボーカルはプラトーンにも俳優として出演しています。 チョッパーベースの派手な曲を求めちゃうと肩透かしくらっちゃうんでしょうが、今の時代には新鮮に聞こえる音です。

2017年8月16日水曜日

プランク

先日、仕事先で実施した健康診断の結果が届きました。
どうやら血圧が少し高いようです。前回もそうでしたが一度だけでの、測定だけでなく二度行ったのを記憶していました。

今回もそうでしたね、確か。

なんか封筒に入って結果を手渡されるんですが、真剣に内容を確認しているヒトって何人ぐらいいるのか気になるところです。そう感じるのも検診自体があまりにも流れ作業だったので、正直これでイイんかいなって、疑問に感じていました。

一般的にはイイんでしょうが、、、

健康に関して関心を示すヒトが、今の世の中多いハズです。

ランニングやってるヒトは都内だけ見ているとまだまだ多いし、ウォーキングや自転車も同じ。

プランクも検索するとかなりのヒトがカジュアルにこなしている印象です。

ヒトの身体については、これから個人レベルでもっと勉強していく必要性があると考えています。

今まではとにかくお医者さん頼みだった。それが個人でチェックしていける世の中になっていくんでしょう。別に機器やアプリなんて使わなくても、何かのアクションと動作を繰り返していけば自ずとわかるはず、っていうよりそういったコトは本来出来るのに、なぜかヒトまかせになっていた世の中。僕がプランクと筋トレを始めたのも、出来るだけ身体の内側を知っていきたいと思ったからです。

40代半ばを過ぎてからじゃ、少し遅い気もしたんですが何事もまずはやってみないとわかりません。しんどいから嫌だって気持ちはどっかに置いてみて試しています。

プランクは基本的な形のパターンで、時間の長さを調節し回数を増やしていっています。

一回を長くするのも考えましたが、あまり無理してプルプルすると心が折れそうなので(笑
やっていません。

あと、長い時間を設定すると筋トレに時間をとられていまうので、コンパクトにまとめていきたいという気持ちもありました。タイムをはかるとプッシュアップなど、他のトレーニングを加えていくと30分超えてしまったりするので、その辺は気をつけています。

現時点では器具は一切ナシ。

自重トレーニングのみ。

楽しいですね、変化を感じれれるのは。
変化を感じるのは、気づきを意識していればいつでも可能だと信じています。


2017年8月15日火曜日

褪色感


加工なしの褪色感。

フィルムが古いのが原因なんですが、これがイイ雰囲気をだしています。
ちょうどお盆休み中なんで、ブログの更新もできていません。

天候が曇りの日が多くて、夏らしくない日が続いています。過ごしやすいのはよろしいんですが
夏をイメージしていると物足りない。

暑いのイヤ、雨が降ると夏らしくないというふうに、不満ばかりの過ごし方はつまらないです。

雨も自然な流れであり、晴れた空も自然な流れ。
先日行った海の帰りに、駅からの自転車移動で雨に降られてしまい濡れてしまった身体。
日焼けしてヒリヒリしそうなのを冷やしてくれたと思えば アリなのかなって思い込みました(笑

今も雨が降り出してきました。

音が気持ちいいです。

2017年8月14日月曜日

Limp Bizkit



ミクスチャーの進化したメジャー感では、抜きん出たバンドでしょう。
Limp Bizkit。

メジャーを嫌うひとには受け入れられなかった悲しい存在ですが、成功という部分では
認めざる得ないです。

彼らが人気出る以前に、友達が海外で撮ってきたwarped tour か何かの映像を見せてもらって
かっこいいバンド見つけたじゃんって騒いだのを覚えています。

Kornが出てきて話題になりはじめた後あたりですね。

キャラ立ちしているのと、kornよりRAP色も強いのが受け入れられたんじゃないでしょうか。
明るくて聴きやすい楽曲も影響あったと思います。

トレードマークの赤いニューヨークヤンキースのキャップも流行りました。

ビデオクリップを見直してみて、他の曲も聴き直していった感じだと、カッコいいんですよね、やっぱり(笑 

結局、どんどん掘り下げていくとメジャーとアンダーグラウンドの境目で、シーンに対する見方が変わってきてしまう。仕方ない部分です。
しかし、カッコいいっていう部分はメジャーだからという理由で、見ないふりはあまりにもったたいないのでここで取り上げました。




2017年8月10日木曜日

Fahrenheit 451



NYHC。New York Hard Coreの響きは、90年代のシーンをかすったヒトには無視できない単語であると思います。

僕もその1人ですし、このシーンを知り中を見たり経験したコトは今につながっています。

ミクスチャーとは対極なシーンである NYHC。この中にも微妙に流れを楽曲にいかしたバンドが
Fahrenheit451です。

そこまで聴きまくっていたバンドじゃなかったと決めつけていたけど、聴き直すと意外に覚えているもんです(笑 多分、お店でかけていたからだろうと思います。

ファッション的にも、バスケットジャージーがバンドのマーチャンダイズでも流行りだしていた時期でもありました。歌がRAP調で、バックの演奏がORANGE9mmあたりの感じです。

メジャー感はまったく無く聞こえるヒトがほとんど。この音階と曲展開はNYHC周辺のお決まりコースだったんで、あのシーンに浸からないとただのロックバンドとしか聴こえません。

取り上げるか少し迷った部分でもありました。
でも、僕が過ごしてきた20代後半の音でもあったんで、強引にアップします(笑


ファッション

最近、ファッションについてよく考えます。
街中を歩いている時でも、すれ違う人を見てはこんなスニーカーがあるんだとか
こういった着こなしもあるんだみたいに、注意してみています。

ツィッターやインスタグラムでもチェックしているんですが、ファッションは二の次みたいな
話を見るたびに、確かにそうなんだけど個人的にはファッションは第一になっていると思って
います。

僕が2年前にアパレルを辞めたのは、先が不透明すぎるのとあの業界のやり方というか、仕事の流れにピンとくるものを見出せなかったのがありました。

今でもお店を外からみていてピンとは来ないんです。
たまに妻とセレクトショップに入っていって見ても、何を買いたいとかはまったくありませんし、スタッフのひとの着こなしに良さを見出せないコトがほとんどです。

NEWS PICKSというサイトでもたまにファッションについて書かれています。
大体が有名な百貨店の経営が危ないとか、どっかの売れているブランドの社長のインタビューというのか経営論ばかり。

どれもこれもカッコよくない!

妻と何年か前に流行したヤマンバメイクについて教えてもらいました。
本来、使うべきところに使う化粧品を、別の場所に使うテクニックがあって、高い化粧品を買えないときに試して使ったところ、何かを感じたのか彼女らなりにイイと思ってやってみた。それが流行となり表舞台に出る。

ほんの小さいところからの工夫がきっかけになっていたんだな。
知らなかったんです。

それって楽しい部分じゃないですか。
大金払って揃えたモノじゃないところからの流行。

流れの根っこはそんなところ。

ファッションのきっかけや楽しみ方もそうであってほしいと思う。

途中で書くのやめてしまったんで、中途半端ですが続きはまた気が向いたら書きます。
ファッションについてはいろいろ考えたいので。


2017年8月9日水曜日

ANTHRAX



アンスラックスの唯一のRAP SONG," I'm The Man "です。
これをHIP HOP側から見るといまひとつなのかもしれません。

僕なんかこの頃はRAPについて、そこまで詳しくなかったんで十分楽しんで聴いてたな〜。
アンスラックスは洋楽を聴きまくっていた高校生のとき、はじめてスラッシュメタルを知ったバンドであり大好きでした。

短パンスタイルに、ベースボールキャップを後ろ向きにかぶるのは王道ですね。


この当時はメタリカとメガデス、スレイヤーと並んで4天王みたいに言われていました。
中でも浮いていたのがアンスラックスじゃなかったかな(笑

ほかの3バンドが黒ずくめで、ピチッとしたパンツを履いていたのにアンスラックスだけは短パン!
衝撃受けましたね。ヘビーメタルはスリムな黒デニムってイメージだったから。

まわりでもメタリカは人気があって(といっても少数)アンスラックスはその奇抜なイメージもあってか少し敬遠されていたんです。ただ、僕一人だけにはあまりにかっこよく見えたんですね。他のバンド達より。

スケートボードやハードコアパンクを教えてくれたのも、アンスラックスだったんだと今でも
思っています。

来日公演も何度か行きましたし、メンバーと話す機会も何度かありました。
原宿でお店やっていた時に、ジョーイ以外のメンバーが入ってきたのは嬉しかったな〜。
まさか目の前に現れるなんて考えもしなかったし夢のようだった。

まだ、京都にいた頃だから高校生か、その時に買ったバンドTシャツもアンスラックスが最初じゃなかったかな。ネックレスとか買ってたし。

短パンにも憧れましたね。なかなか売っていないのと、売っている場所やブランドもわからない。似たようなのも売ってない。スニーカーも。

スケートボードだけ安いの買ったけど、トリックがわからず持っているだけの毎日だった。
どっかのデパートにあったコンプリートのデッキ。


掘り下げてCD買って聴いていけばいくほど真似できない(笑
青春真っ只中の高校生活のときに、そんなバンドばっかり聴いて格好真似したくて探してた毎日。バイトもしてなくて毎日聴いてたCD。ラジオでテープに録音したスレイヤー3曲とビースティボーイズの3曲を、擦り切れる勢いで聴いていた毎日。

それぐらい衝撃的だったバンド達。

東京出てきてやっと、やっと真似できた(笑 のは嬉しかったな。

そんなもんです。最初は。
アンスラックス観ていて思い出しました。

思い出話になってしまいましたが、思い入れのあるバンドなんです。






2017年8月8日火曜日

モノを使いつづける。

毎日の生活で必ず使うモノとしてバンダナがあります。

ハンカチもそうですが、ファッションアイテムとしての使い方であれば、また違ってくるんですが、最近は実用アイテムとして意識しています。

僕がメインで使っているバンダナ。


ここ何年かで手元に集まったバンダナ達。Wtaps関連が多いな。

最初はポケットにいれっぱなしで使わなかったんですが、最近は使うように心がけています(笑

普段はパイル地のタオルが家にはあるんでそれを使っていますが、外出したときなんかは持っているのに使わないパターンが多かったので、モノとしてそれでは可哀想かなと感じ使いたおすことにしました。

高い値段のものでもないんで集めるのもよかったけど、集めるだけなら誰でも出来るってコトで
実際に使っています。

ヨレヨレになっているのもアジが出ていいのかな。
ファッションアイテムにしてしまうと、流行りもあって毎日使うコトはなくなってしまう。
頭に巻いてみたりしたんですが、しっくりこなかった。これは柄の関係もあるのかもしれません。

頭に巻くというイメージならこのバンドでしょうか。






カッコいいですね。(ちなみにドラムはデイブロンバート!!)

wikiによると

頭部に巻きつけて使用する他、特にアメリカの肉体労働者にはに巻いたりを拭く用途などにも用いられるが、日本語の場合、同じものでも首に巻く用途ではスカーフ、手や汗を拭く用途ではハンカチと呼ばれバンダナとは区別される。
頭部に着用する場合、昔の海賊のようにすっぽりと全体を覆ったり、また二つ折りにして三角巾[1]のように用いたり、細長く鉢巻き状に使う場合もある。
バンダナの場合、約50cm四方の正方形が基本であるが、より大判のものや手ぬぐいのように横長のものも存在する。また、頭の形に合わせて裁断され縫い上げられ、帯で締める「バンダナキャップ」と呼ばれる、その名のとおりキャップとバンダナの中間的なものも存在し、主にバイク乗りなどヘルメットを着用する者に愛用されている。代用として手拭タオルを使う人もいる。

ポケットや頭に巻いたり、カバンにしのばせておくと、この暑い時期に重宝します。
もちろん、パイル地のハンカチもイイんですが(かなりイイ)、あえてバンダナ推しでいきたいです。
頭に巻くスタイルは、ちょっと野暮ったいイメージかもしれませんが、やってる人もそこまでいないんで取り入れたいですね。


かっこいい。あんまりいないな、今の日本には。


Fishbone



Fishbone は絶対にはずせないバンドですね。ミクスチャーを語る時に。
といっても彼らが頭角をあらわすあとに、おこるミクスチャーブームと
Fishboneの音楽性が重なるのかといえば、ちょっと❓マークでもあります。
特に初期のアルバムは。

かれらは早い段階で来日公演も果たしていて、僕もはじめて見た映像は日本での
公演でした。テレビを録画して何回も観なおしていたのを思い出します。

Tシャツも探したな〜。なかなか売っていなくて。
知名度があがりだすとメジャーなところから数種類のTシャツがリリースされていましたが、
あんまりカッコよくはない(笑

探していたのはANTHARXのスコットが着ていた、魚が横にプリントされていて目がくり抜かれたバージョンのモノ。
その頃、日本で売っていたのは目がふさがっていたバージョンだったんです。
色も今ひとつ。

黒のボディに黄色のプリントさがしていたんですが。

無かったな。
結局は手に入れられず今にいたります。



この違いです。わかりますか?向かって右のバージョンさがしています。

音楽についても書かないと。
Fishboneはスカやレゲエもミックスした音楽性ですが、衝撃だったのはスピード感ですね。
あとエネルギッシュなライブ。このライブを音源聴く前に知ったのはおおきかった。

1度だけ日本公演もいきました。
良かったな〜。クラブチッタだったと記憶しています。

日本でブレイクする前のアメリカでは、FishboneとPublic Enemyのツアーもあったみたいで
行きたかった、、、凄いエネルギー感だったはずです。

アルバムもかなり出している彼らですが、個人的におすすめはこのあたりかな。



プランク

3ヶ月目に突入したプランク&筋トレですが、やはり無理はいけませんね。

プランク

45秒x1

1分x1

1分30秒x1

これを1セットとして、3セット。
(それぞれ30秒の休憩をはさんでます)

日替わりで、友達にアドバイスしてもらった

スクワット15回を3セット

腹筋を鍛える運動 3種類を3セット

を加えておこなっていました。

それとは別に手を段差にかけてプッシュアップするメニューを加えたところ、見事に筋肉を痛めたようで、上半身胸回りのトレーニングが1週間できない状態になってしまいました。

40代後半は無理が効かないのかどうなのかわかりませんが、その間はプランクのみのメニュー
になっていました。

今週からは復活です。

youtubeでしらべると色々なトレーニングがあり参考になります。



この動画の方の方法は参考になりました。正しいかわかりませんが続けてみます。

少しずつでも変化していく身体を体感できるのは続けてみないとわかんないもんです。

3ヶ月目ですが、無理のない感じで少しずつ変化させていったのが良かったのかな。
器具やプロテインといったものに頼らず、どこまで変化させられるかがポイントなんですね。

体重は、、、変わらず65kgあたりをさまよっています。

食べ物か〜。あんまり食べると疲れちゃうんだよな。
今後の課題ですね(笑

2017年8月6日日曜日

気持ちよく書くブログ

気持ちよく書くブログを考えています。これは内容どうこうではなくPCに向かっていかに気持ちよくブログを書けるかってコトです。

いまはハンモックに揺られて書いていますので、ある意味ライブみたいなもんですね(笑

夏の東京は蒸し暑いんで、限られた時間をチョイスしていかねばなりません。ベランダに設置した簡易的なハンモックで、月の明かりがありますね。ちょうど真上に近くて満月です。

そのまわりにちょっとしたライト置いてやります。

音楽はKATE BUSHに限るというかこればっかりは好みもありますのでご自由に。

ヘッドフォンにスマートフォンを繋いで、Spotifyでwifiがあれば完成です。

朝か夜がベストだと思うのですが、僕は夜派です。ブログ書かなくてもいいんですが、、、

リラックスできますね〜。都内でも工夫してやれば、いい感じになるな。
ハンモック気持ちいい。

友達にもらったんですが、前の部屋は小さかったので使えなかった。
活躍しています。





海浜幕張


海浜幕張にあったカフェ

Nikon 35 ti


The Mighty Mighty Bosstones

 
スカとハードコアの融合で頭角を表したバンドの最初じゃないかな。
個人的にはオペレーションアイビーのほうが好きだったんだけど、 マーフィーズロウつながりもあったんで、このバンドを先にのっけます。 

このアルバムがリリースされたとき、僕はに西新宿のレーコド屋でアルバイトしてました。
同じく近所のレコード屋で働いていた TAKE-SHITこと坂本さんに聞いてこのCDアルバム聴きましたね。懐かしい。

とにかく教えてもらっていたな、いろんなバンド。 

スカコアなんてジャンルもなかった。

Fishboneより、パンク色が強くてジャケットのイメージも斬新。

こういった解釈もあるんだ って聴いていました。いまも聴きながら書いているんですが、十分かっこいいです。Tシャツもさがしたな〜。
ブルドッグがプリント されてたシャツ。

スカコアってジャンル名は、いまでもセンスゼロだと思っていますが、このアルバムは名盤だよ
な。

タバコ

僕はまったく吸わないんでアレなんですが、一時期国内でも値上げや吸っちゃいけないみたいな世間の流れもあり、吸う人も減少というか 目立たない印象もありましたが、ココ最近は逆に増えたんじゃないのかなって思っています。

 路上喫煙ができる区と、出来ない区がある東京。

 以前住んでいた新宿区はダメなのか、街中でもよく注意されている光景を見かけましたが、現在住んでいる中野区では結構歩きタバコの 人をみかけます。

資料は現在の状況はインターネットで調べるとわかると思うので僕のブログでは、載せませんが個人的には匂いが好きになれません。 
お酒を飲まないので居酒屋に行く機会は殆どなくなりましたが、20代から30代半ばまではそこまで気にならず、40代になってから気にしだすように なってきたんです。

洋服に付くのも気にしだしましたね。一箱10000円は極端かもしれません。

僕の友達にも吸っているヒトは多数います。 健康にイイのか悪いのかはあんまり興味ないんです。
ただ、時間潰しのアイテムみたいなイメージですね、手持ちぶたさのときの必需品のような。

 そうなると吸わない僕なんかはちょっとつらくなってくるんです。

次、あっち行きたいなぁって考えていても、みんなはココにいたいんだろうな〜ってなるので、自分もとどまる。

そんな感じでしょうか。

 今はまったく気にしないで動いちゃいますけど(笑 ウン、目につきますね、都内での喫煙率。 もう一つ、僕が吸わない理由のひとつに子供の頃、親が吸っていたのも原因なんです。
 母親が毎日吸っていました。ハイライトでした。淡いブルーグレーの箱で。
両親は僕が中学生のころに離婚していたので、父親ともそこまで仲が良よくなかった記憶もあります。

 父親はビールが好きで競馬が好き、母親はタバコが好き。

そんな家庭環境で育ったからか、まったく先にあげた当時の大人の 楽しみには興味が湧かなかった。 家庭環境って知らず知らずのあいだにインプットされていくんでしょうね。

 経験しといてもイイのかなって思いますが、まぁ、逆に経験していたら今の自分になっていたかわからないんで、経験する必要は なかったんでしょう。

 タバコ、、、余裕があるヒト向けですね。

2017年8月5日土曜日

DJ

ミクスチャーはちょっとお休みにして、最近観た動画で久々に個人的なお気に入りです。 De la soul のMASEOがプレイしているんです。 あまり普段は観ないDJプレイ。最初は聴いてるけど、途中から飽きてしまうパターンが多くて これもどうかな〜ってなんとなく聴いてたんですが、なかなかどうしてイイじゃないですか。 繋がりもスムースだし、キャラもあってかコミカルなところもナイスでしたね。 De la soulを久々に聴きたくなってきたな。 Boiler room たまにチェックしています。 日本でもいろんな場所で、こういったの配信するとおもしろいのできるんだけどな。 Luteもイイ感じで制作してる。 こっちは別のDJなんだけどもうちょいテンポアップな感じ。

2017年8月4日金曜日

ヤンジャン狩り

なんなんですかね、このヤンジャン狩り。

キングダム読みたいなって、発売日(昨日)に本屋もしくはコンビニエンスストアに行ったんですが無いんですね。ヤングジャンプ。

妻からも無いってLINEがきてました。まぁ、たまたま無いだけじゃないのかなって思って、別のコンビニ行ったんですがありません。発売されてないのかなってtwitterで調べてみるんですが、公式サイトでは発売されている。

キングダムも載っているって書かれてた。

でも売ってないんですね。ちなみに無いって検索すると、やはり買えないというか売っていないと言ってるヒトがいる。

よくよく調べると買い占めているヒトがいるらしい、、、ヤンジャン狩りって言うんです。
一人で100冊ぐらい買っちゃうんだ、、、で理由は、、、表紙みてわかりました。

なるほどね。

コレ

まいったな。仕方ないんだけど。

あんまり書きたくなかった内容でしたが、悔しいんで書きました。
流してください。

Good People Good Coffee


友達の働いているカフェですね。久しぶりに行きました。

時間の関係もあり、他のお店を見たりは出来ずそそくさと移動してしまったんですが
まぁ、それでもよかったと思います。あの街は10m先まで建物だらけなんで、ちょい息苦しい
なと感じていたから。

それは今住んでいるところから、駅に向かうときにも感じます。
ターミナル駅周辺は、目の前がヒトと建物と、モノにさえぎられてしまっているんで
ちょい息苦しい。実際に息ができないわけではありませんよ。

そんな中で一息つけるトコロがカフェなんだな。

東京都内はカフェが多すぎるけど。

このままだと埋もれていってしまいますね、何もかもが。

実際にいってみてお店ってヒトの目線が大切だなって発見させられました。位置っていうのか高さ。
低い位置から聞く会話と、近い高さで聞く会話の違い。安定感なのかなんなのか。
絶妙なバランスもあるんだろうな。


僕の高さでの写真。

やはり自分と近い高さで接するのが安定しているのは僕だけか。


ココ Nikon 35 ti

DOWNSET

LAのバンドで、ハードコアバンドをミクスチャーのクロスーバーバンドです。ハードコアのスピード感より、RAGE AGAINST THE MACHINEを基本に STRIFEあたりのVICTORY RECORDの流れをミックスしていった感だったかな当時。1曲目はよくかかっていました。僕が働いていたお店でもTシャツ 売ってた。あんまり売れなかった記憶があったんだけど。この影響をうけてバンドが続いた記憶もないですね。RAGE AGAINST THE MACHINEは いろいろ影響あたえたんだなって今さらながら思います。DOWNSETをyoutubeで聞き直しているんですが、今のほうがカッコよく聴こえます。当時 は職業柄か常にハードコアな音を聴いていたんで、疲れてた(笑 コトもあったのかな。正しい評価できていなかったんでしょう。

2017年8月3日木曜日

Nikon 35 ti


Nikon 35 ti

コンパクトフィルムカメラをいままで何台かつかってきたなかで、写りに関してはかなり信頼できるカメラです。オートフォーカスもしっかりしてるのも嬉しい。
少し前までつかっていたOlynpus μは、使い勝手はいいんですがオートフォーカスをはずしていまうのが残念な機種でした。

Nikon 35 tiはファインダーがクリアじゃないのと、操作性さえのぞけばかなりイイ線いってます。コンパクトカメラをメインにしてしまうと、一眼レフの出番が減っていくんでおさえてるんですが、これ持ち出すとGR1が手元にない今では信頼できるパートナー的なカメラになりますね。

フラッシュの操作がちょっとつかいづらい(のちに改良されているのもるようですが)トコも愛嬌です。そこまで気にして使わないんで。



スマートフォンの影響もあるから、パッと出してパシャってやる感覚でいいと思うんですよね。
撮影する瞬間だけきちっと固定してやれば、そこまで手ブレしないし。感じたままにシャッターきればって個人的には思っています。

プログラムオートで十分かな。

中古市場だと値段が高いのがネックだけど、適正価格で手に入れる機会があるならオススメしたいコンパクトカメラです。


トップカバーのデザインがクラシックで好き。↑


2017年8月2日水曜日

朝型の生活

早朝。

前にも書いたんだけど、夜更かしが上手じゃありません。
夜と日中が逆転する状況になったコトがないっていうのもありますが、やっぱり眠い。

眠いんで寝る。シンプルな過ごし方。

寝ることが好きとは違うな、と考えるたびにその結論になります。

例えば夜11時ごろに寝て、朝の6時ごろに目を覚ますのと夜中1時ぐらいに寝て6時ごろ目を覚ますのをくらべるともちろん損だなと考えてしまいます。単純に時間が短いから損した気分。

でも起きちゃえばあんまり僕は気になりません。よっぽど疲れているのであれば起きないし。

朝起きるのがつらいコトより、眠いのに寝ないほうがよっぽどつらい。
朝までパーティータイムみたいなのは、キツいですね〜。

長い時間眠るコトより、短くてぐっすりでも結構シャキッとするもんです。

朝起きて今の生活内で出来ること。

1 毎朝、前の家より広いベランダで空を見れる(これは夜空も)

2 家のまわりにいるネコを観察できる。

3 食器の片付けと、コーヒーをいれる時間がある。

この3つが、大きく分けていま現在できるというかしているコトです。

あまり暑いと長い時間できないコトもありますが、、、

今日1日どうしようとか、簡単なイメージもつくれますね。
これは昔、会社勤めのときも行っていたと思いますが、通勤電車の中だったのでもしかしたらやっていないかも。いまの生活リズムのほうが余裕があります。

それと朝起きて一番というか、少し嬉しいのはお腹が空くことかな。毎日とはいかないけど、自然な流れのような気持ちになれる。便が出るのもうれしいですけど(笑

以前はなんか口にいれるコトだけだった。出すことより、体内にいれて蓄える作業。
あんまり効果ないのにやってたな。結局、昼休憩といった割り当てが訪れるとまた取り入れる。
リズムをつくるんじゃなくて、ただの流れ作業になってしまっていたんですね。

朝早く起きると、おじいちゃんじゃんってからかわれますよね。イイんじゃないですか。
時間をほかのだれより有効に使えるんだから。自然に寝て自然に起きた時間が、正解の時間だと思ってます。そのリズムはできる範囲でうまく作っていきたいですね。





BITTER END

ある意味究極の流行りに乗っかっちゃった曲。スラッシュメタルバンドは当時、ミクスチャー路線に傾くのが多かった。ラップ調の歌い方か、チョッパーベースもしくは ちょいファンキー路線のギターフレーズといったノリ。BITTER ENDもそんな感じで、当時レコード屋で働いていなかったら聴くことはなかったと思う。もし、どっかのレコ ード屋に通っていて、 CDにポップでミクスチャーどうこうと書かれていたら買った可能性もあるけどね(笑 それぐらい流行っちゃった音楽ジャンル。いまから思い返すと 面白かったんじゃなかったのかな。既存のスタイルをブチ壊したスラッシュメタル。そこへやっぱりジャンルを壊したレッドホットチリペッパーズを、はじめとしたフィッシュ ボーンなどのバンド達。それらがなんの偶然は同じ時期に存在した。それを見つけ出した僕らみたいな連中。ほんとの意味でのミクスチャーだった。面白かったんだ。 周りのモノに。音も洋服も。いまも楽しめているんだろうか。

2017年8月1日火曜日

久しぶりの多摩湖


久しぶりに行った多摩湖。

夕焼けを撮りにいく目的だったんです。曇りがちの空を家を出るときから気にしていたんですが、やはり焼けたような空は見れなかったですね。ただ、湖なんで視界がひらけているのは嬉しかった。
最近の撮った写真は背景がビルばっかりでひらけてないんです。

たまにふらっと出かけるのも大切ですよ。

遠くに行けなくてもあるもんです。ぼくは武蔵大和からポチポチ公園をぬけて歩いていってます。

夕暮れ前は、風の音と鳴き声(なにかわからない)、、、多分、鳥だと思いますが。

それだけ感じられただけで、けっこう嬉しいですね。



ニコノスのフィルムがあと少しだったんで使い切りました。
水中だけじゃなく、陸上でもきれいに撮れるニコノスは重宝しています。

可能なら湖にもう少し近づきたいなと、行くたびに思っているんですが無理ですね(笑

危険だからかな。

また頃合いをみて行きたい場所です。


Love And Hate

Love And Hate このバンドはハードロックバンドです。たしか、チョッパーベースが目立っているのはこの曲だったと思います。 ビデオクリップもそれなりにイイ感じでした。なんだろう、少しギターリフが王道のハードロックっぽくなかった のかも。好きでよく聴いていたのを覚えています。もしかしたらミクスチャーが流行っていたので、この曲だけ それっぽいのをリリースしたもかもって、今なら考えてしまうんですよね(もちろん当時は思ってなかったです) ベースの人の着ているジャケットはなかなかイイですよ。他のバンドでも、チョッパーベースをちょこっといれた バンドはいたはず。探してみようかな。ちなみにLove And Hateの別の曲は、王道のハードロックでした。  

意外な発見と逆光。

インスタグラムの広告が最近うるさくて、残念だなと思ってますがどうでしょうか?
広告の入れ方が、他の写真と同列ではいってくる。仕様上しかたない部分でもあるんで
しょうが、カッコよくはないですね。

インスタグラムでフォローしているのは、写真やカメラ中心になっているのは、意外なヒトが
フィルムカメラを楽しんでいる。

そんな発見ができるからなんです。

ぼくが注目しているのは女優のChloe Grace Moretz

あの名作であろうKick Ass での演技に惹かれ注目していました。

インスタグラムでもフォローしていますが、ライカとContaxつかってると思います。
モノクロのフィルムでキレイな写真ですね。パキっとした写真がイイ感じです。






多分この二つのモデルのどちらかかな。

逆光がいい感じな写真です。

出演作

2017年7月30日日曜日

コミュニケーション

コミュニケーション。

ライン電話が実質無料のため、会話しっぱなしが可能となります。

娘の使い方を見ていると、いつでも気の許せる友達とは繋がって入れるという、捉え方によっては羨ましい気がします。

大人になり、情報過多になると電話が面倒臭いとか(事実、僕もそう)、面倒な用事で話したくない相手と話さないといけない状況を避けるために、メールで済ましてしまってます。

逆に気の許せるヒトと、ライン電話を繋ぎっぱなしで話していられるでしょうか?

スマートフォンを置きっ放しにして繋いだまま、シャワーを浴びる。その間、相手は誰もいない部屋で独り言を、もしくは面識ない家族に会話をしてしまう。僕がそんな状況をつくれるのかなって考えてました。

他愛もない会話。いつしか忘れてしまっています。
もちろん、明日からそれができるかと聞かれれば多分、難しいと思うんです。

僕には難しくても、できるヒトたちがいる。

教えてくれたような気がしますね。

これも勉強になりました。


311

youtubeでミクスチャーのバンド探していると出てきました(笑 忘れていましたね、彼ら。このアルバムはよく聴いた記憶があります。ちょっとレゲエ調の流れもあり ラップとファンキーなノリから、歌メロを重視したミクスチャーへの流れにあったバンドで、スピーディな曲調ではなく気持ちよくなれる楽曲が気に入っていたのかも しれません。この後にも人気が出て何枚かアルバムをリリースしていますが、僕がハードコアに傾倒していった時期もあるので聴いていません。ライブも観る機会は ありませんでした。改めて聴いて見て成熟していくミクスチャーバンドですね。この辺りはメジャー感もあるのかそこまで熱くなれない自分がいました(笑

近所の撮影ポイント


インスタグラムにきのうアップしたご近所の撮影スポット。
NIKONOSで撮りました。ゴミを捨てるついでにパシャりとやってるんで、考えて撮ってはいません。

フィルムはkodak pro100だったかな。
結構、好きなフィルムで一時期使っていました。

富士フィルムのより、少しなんだろう、、、柔らかいというか曖昧というか、、、気にってます。

この写真も少しピントがずれています。花に合わしたつもりだったんだけどあってなかった。
この他にも日にちを変えて何度か撮って見たのもあります。だいたいより過ぎたのかボケでしまっていたな。

前のポストにも書いたんですが、この花が咲く時に毎朝、撮りに来ていた女性がいました。三脚を置いてけっこう長い時間撮影している。夏というのもあるから、涼しい朝を選んでいたのかもしれません。何枚ぐらい撮ってるのか気になりますね。今度、聞いてみたいと思っています。楽しんでるなっていうのも伝わってくるんです。そこ大切で、カメラどうこうじゃなく、何か打ち込むというか追求している。僕はどちらかというとさらりと、感覚でいく方なんで気になりますね。

少しずつでも毎日続けるのは大切です。

三脚使って丁寧に撮るのも、パシャりと撮るのも例え一枚であっても続けるのは大変。
それができるのは好きなんだなっていう一言。

あれもこれもイイんでしょうけど、これなら続けられる。
そんなコトを見つければ、予定なんていりません。

その女性を見ていて思いました。
実際に割り込めないですからね、悪くて。

一生懸命ってダサい言葉なのかもしれないけど、カッコいいと思います。
ダサい事を集中していける。なんかはみ出した感も、イイんじゃないですか。

マイナースレットのアルバムジャケットを思い出しました。







2017年7月29日土曜日

勉強中

ここのところ暑い日が多いです。
梅雨もあんのかないのかよくわかりませんが、少し前にあけました。

カメラ持って出歩いていたのが、この季節どうだったんだろうと思い返すんですよ。
海にいくときは喜んでもっていってたのは、なんとなく覚えてる。

NIKONOSがあったんで。
もちろん今も使ってますが、Canon Eos1NやNikon F4が手元にあるとなると、特殊な状況じゃないと使わないな〜ってなってました。

NIKONOSって水中じゃなくても綺麗に写るカメラなんです。
撮影距離だけ注意して設定してやれば、シャープな写真になりますよ。

以前、セブ島に持っていった時もモノクロフィルム入れるとイイ感じで撮れてました。
感度400だったかな。

そんなNIKONOSでフィルムカメラ学んだかもしれません。操作する部分も多くないし、明るくしたければフィルム感度いじっちゃうし(これが正しいかわかりません)

水を内部に入れちゃダメっていうのが、どうしても頭から離れないんで注意して扱っていたし確認もマメにしてた。だからクセがついていってたんだと思います。

コンパクトフィルムカメラはたしかに楽なんだけど、よっぽど撮る対象物に注目というか考えないと、現像から上がってきたのを見てみると同じような写真ばかりになってしまう。

僕はどうしても一眼レフがすきです、重いのが難点だけど。
35mmや28mmはコンパクトカメラに多い画角かな、広いイメージをバランスとって一枚に収まるようにって感じだと思う。広角は最初面白くてレンズ使っていたな。
今はもう少し自然に撮れる50mmとか、、、これって決まったら50mm。ちょい迷い気味のときは少し広角ってな感じ。

NIKONOSでも広角使いすぎると、バランスが悪くなってしまって僕が考えていたイメージには程遠かったんです。海の上っていうのもあったから、動き回れなかった。

自分が海に入って撮ればよかったんだとか、後で気づくパターン。
そんな中での一枚がコレ。






ネコ

先日、久しぶりにデジタルカメラを持ち出しました。
で、たまたま普段行かない場所で遭遇したネコたち。


海浜幕張のそばにある公園というか広場にいたんです。
その数、20匹以上(というのは、集まってきちゃうし離れたトコロにもいた)

時間が夕方から夜になる半端な時間もあってか、まわりにヒトもいなくだだっ広い
トコロに僕とネコたちだけ。

こうなったら撮るでしょ!となってしまいます。

まぁ、撮りました。普段とらない体勢でシャッターきりましたね。

すぐに逃げるのもいたけど、どっちかといえば気ままな感じ。
まだプログラムオートでもいけるんで、気にせず撮りました。

カメラを地べたに置いて撮影。どう撮れるかわかんないのもアリかな。どっちかといえばそういう撮影のほうが好きなんです。

フィルムカメラと違ってデータの容量さえ気にしなければ、撮れちゃうのがデジタルカメラの強みであるけど、フィルムカメラ使ってると気にしますね。やっぱり考えてしまう。

まぁ、あっちこっちに方向変えて撮るのもネコが、ヒトに慣れていての結果でもあるんで、ネコ達には感謝しています。

時間もあったんで切り上げましたが、普段行かない場所。ちょっと足を伸ばせばあるもんです。

ベースボールキャップ


ベースボールキャップ。最近は買っていないのですが、一時期は集めました。何個あっても気にはならないんでパロディものも多かったかな。

洋服がシンプルになっていくんで、せめて帽子だけでもロゴの入ったモノを思い被っています。

new eraをはじめとして、いろいろあるんですが夏は暑くてかぶれません。

汗かきまくりなんで。

こんなに夏って暑かった?かな。

こういったスナップバックの帽子は遊びごごろを、1つのプロダクトに反映させる事ができるんで、創るがわも購入して被るがわも楽しめる気軽なアイテム。

夏以外でのトレードマークですね(笑


RED HOT CHILI PEPPERS

いつかは紹介するコトになるのかなぁ、と思っていたRed hot chili peppers。 今やビッグバンドになってしまっています。多分、blood suger sex magicあたりから人気出だしたんですよね。 ミクスチャー、クロスオーバーの火付け役は彼らナシには語れません。ただ、最近の曲はあまりにも普通のロックだったんで 僕の個人的な興味から外れた対象でもあります。ミクスチャーと呼ばれたロック(ヘビーメタル)とファンクやブラックミュージックの 融合(チョッパーベースのみ)の代表的なアルバムは、このバンドのmother's milkで断言できると思います。捨て曲はナシ! この1作前もそうだし、ミニアルバムもかなり音はメタルに近かった(そこまででもないかな)。ジャギジャギしたギターに、チョッパーベース、 RAP調の歌もそう。blood suger sex magicでの音作りは、このアルバムを気に入ったヒトにはかなり肩透かしを食らったアルバムだった けど、みんな認めざる得なかった。僕は好きじゃなかったけど。だからレッチリ(この呼び方も好きじゃない)だったら、mothe's milkをオススメ します。絶対に。

2017年7月28日金曜日

寝れない夜

なかなか眠れない夜も、たまにあります。
妻に言わせると毎回ガーガー寝ていると、笑われますがたまにありますね。

だいたい、アタマの中で考えている。
思っていることが、なんか多すぎる。

そんなんです。

よくコーヒーを寝る前に飲むのはよくないと言われますが、ぼくにかぎってはそれはほとんどナイですね。

眠れない夜は、妻の背中や娘のことを考えています。それが原因ではありません、

一番、身近な存在をないがしろにはできないので、どうやら考えているんだと思います。

ちょっと迷ってしまう場合もそうしています。
カメラや筋トレという手もあるんですが、それは少し違う。

成長を見守る。なにかアドバイスをおくる。

寝付けない夜は、そういったことを考えます。


プランク

プランクをはじめて3ヶ月目に突入しました。
今はプランクにプラスして、プッシュアップや腹筋、背筋まで動かすようにしています。

なるべく可動域をひろげるイメージで、トレーニングをおこなっていますがどうなんでしょう。

それと回数を少し減らしました。
減らした分、一回の動きをスローにして止まる位置では、1秒ないし2秒動作をストップしてから
元にもどるようにしています。

慣れが出始めると動作が雑になっていく感じだったんで、変化をつけるためにも一つ一つを丁寧に動かしています。

ただ、体重は増えませんねぇ。なかなか。
逆にすこし減ってしまう。

目的があまりデカくせずに力を強くしていきたいのもあったんで、そこまで気にしないようにしていますが、できれば少し増やしたい。

筋肉で増えていけば、少しは変わるのかわかりませんが様子をみます。

プランクもバリエーションつけたいですね。
いろいろ試してみよう!

Mind Funk

Mind Funk。ミクスチャーが勢いのある頃リリースされたアルバム。バンド名からしてみんなが、凄いチョッパーベースが聞けると勘違いしたバンドでした。 ボーカルが元ユニフォームチョイスかな。ドラムがセルティックフロストで、期待してしまいましたね。リリースされた1stアルバムはどちらかといえば、正統派の ハードロックというか、シンプルなFaith No Moreだったかな。肩透かしくらった記憶があります。で、youtubeで聴きなおしています。楽曲はそこまで悪くない んですね。カッコいいです。やっぱりバンド名かな(笑 

西日


西武新宿線の沼袋だったかな。ホームから反対側のホームへ続くトコロです。
撮影する人が多いのか、乗り出さないようにみたいな注意書きもありましたね。

さて、というか昨日は辞任という言葉が目についた1日でした。

あんまり気にしないようにしていますが、ニュースいろいろ見てしまいましたね。

なんかつまらないな。

なんで書きません。もったいない、、、スペースも。

インスタグラムには花をのっけました。
花をイイと思える生活というか素直な気持ち。必要じゃないですか。

身体の内側では、イイと言えるのに変な理論?かな、で興味ないそぶりを見せる。

もったいないですよね〜。

あんなのクソだ!とか軽々しく口にしたりするけど、つまんないコト言ってんなっていつも感じています。そういう場面に遭遇したら、僕の気持ちは離れますね。

西日の写真、はっきり書くと綺麗には撮れてません。
荒いし。

ただ光った線路が綺麗だった。それだけです。

それも一度、通り過ぎたけど戻ってカメラつかいました(笑
やっぱり撮らないとって決めました。

戻らずそのまま行くと、あとで絶対後悔するのもわかっているんで。


2017年7月27日木曜日

squad

海外ではこういった乗り方や、スタイルがちょい違法であっても伝わります。こちらでは難しいのもわかりますが、しっくりきている海外。 いつもこの差を感じてしまう。こちらだと暴走族?みたいな捉え方になるのかな。この自転車はブレーキ付いてるけど、乗り方でアウトな んでしょう。こんなに極端なウィリーできるんだな。よくオートバイでやってるヒトも見ましたが凄いな。それも街中で。ピスト乗り始めた頃 街中でクルマをすり抜けていく映像に唖然としていましたが、そこに惹かれたっていうのもおおきかった。最近、ひとりでもイイんでピスト 乗りたいですね。

朝の用意



朝の用意。

休み前の日常でした。

Canon Eos 1 n

残業

残業

指示があってしたことはありません(多分)

残業代ってもらった記憶ありません(多分)

そういった話題がのぼる職業ではなかったのかもしれません。

何かの満足していたんでしょう。だからそっちにあまり気をとめることがなかった。

アパレルは残業どうこうといった仕事じゃなかったのかな。今から思えば棚卸しといった作業が
残業らしかったのかな。

終わらない仕事、お金がでるから頑張ろうって思うんでしょう。
必要ならアリじゃないかな。

お金が出ないならやらないっていうのもアリだけど、終わらせる工夫も必要だと思います。
仕事は仕事だから。

生活の質も変化していく。変化させてないようにしても、都会だと環境が変化していってしまう。それに合わせたヒトの生活。ヒトはあとなんですね、都会では(笑

自分が選んだアプリケーション、じつはアプリに選ばれてしまっている。

そこに気づかないと、質は変えられない。

2017年7月26日水曜日

睡眠の質

睡眠。

重要です。

だと勝手に思っていますが、もし寝付けない日があったとしてもそれはそれでアリだと思っています。多分、原因がある。

僕もたまにあります。なんか寝れない、、、いろいろ考え始める、、、寝れない、、、見たくないけど時計を見ると4時とか、、、諦めますね。

そこまで寝れない体質じゃないんですが、最近はスマートフォンとパソコンを寝る間際にはなるべく見ないようにしています。場合によっては無理やり遠くに置くとか。

もちろん気になるのも正直あるんですが、見てるとキリがない。それと見てても変わらない(笑

ココ重要。

ヒトがあたえた情報はなにも変わりません。
自分がなにか経験しないと。

僕がいまの家でイイなと思ったのは、静かなことです。

鳥の声、雨の音。

十分じゃないのかな。余計な光もないし。

前の部屋ではあったサイレンの音、朝に鳴り響くビッグスクーターの音。

とにかく音だらけだった。

それと、

コンビニがそばにあることって便利なのか?
駅が近いってことは便利にあてはまるのか?って、いつも考えてました。

SNSへの投稿よりも写真を撮ること、文章を書くこと(自分の考えだけだけど)

イメージが広がりますね、一人でもできるし。

いま、蝉の声が聞こえてきた。
雨も止むのかななんて考えました。
(まだ止んでません、、、)

音が減ると眠りもすこしずつ良くなるような気がします。
無理してクラシック聴かなくても。


近所といっても隣。



近所の撮影スポット。

毎朝、撮影しているヒトがいてたまたまゴミを捨てに外に出たら、見つけてしまったこの花。
たしかに綺麗で、住んでいるヒトも三脚だして撮影してた。

僕も横から声をかけさせてもらって少しシャッターきりました。

家の前っていうのもあるんで、バシャバシャは撮れないからそ〜っと撮ってます。

そのあとも日にちをかえて見に行くんですが、毎回同じヒトががんばって撮影してるんで、なかなかチャンスがまわってきません。

集中しているのがわかるんで。

たまにトンボもとまってる。
近所にいる野良猫もイイ感じなんで、なんとか撮りたいけど、、、すぐ逃げる。

相手と対峙するときに、動物はだいたい身構えるんで、あの瞬間すこし話しかけるんですがうまくいかないな。

めげずにアタックしますけど。
それも楽しいんです。



URBAN DANCE SQUAD - Life 'N Perspectives Of A Genuine Crossover ( Ful...

このバンド、1stアルバムの素晴らしい完成度が目立っちゃって、影の薄いこの2ndかな?確かこのアルバムは。やはりレッドホットチリペッパーズあたりのながれで注目されて出てきたんですが、いわゆるメタルバンドとのクロスオーバーじゃないので、レッドホットチリペッパーズの音が好きならとっつきやすいと思う。あらためて聴き直すとイイんです。僕はこのアルバムまでしか聴いてなかったけど、このあとにも何枚か出しているようですね。クロスオーバーしているバンドも、たくさん出てきたのと、そのあとにくるデスメタル/ブラックメタルのながれに吸収されていくかのように、流れが変わっていった時期に突入していくのでした。来日公演もあったんだけど、同時期にリンボーマニアックスが来ていてそっちにいっちゃったのが悔やまれます。1stアルバムのバンドロゴはあまりのもカッコよく、Tシャツや短パンを探しましたね。

Pentax Espio SW2


先日までつかったPentax Espio 120SW
使い勝手がよかったフィルムカメラです。

ズームレンズもビヨーンと飛び出すのも愛嬌って感じで許せてしまう。
レンズまわりの微妙な曲線でデザインされたラインが大好きです。

僕が師と仰いでいるマシーネンクリーガーのデザイナー、横山先生も曲線使わせたらピカいちなヒトです。

角ばったカメラも、アンティークなにおいがしてカッコいいんですが、この控えめな曲線と質感は秀逸。あまり人気ないみたいだけど、手に取ると良さがわかりますね。

ネイビーボディもあるのかな?あれば欲しい。

このカメラは軽いところも嬉しいので、持ち運びもラクチンです。

コンパクトカメラは使い勝手の良さに惹かれますね。


2017年7月25日火曜日

政治

政治家ってなんなんでしょうか?

ルールを決めるひと。

あんまりブログで書くのもどうかと思ってましたが、最近の安倍総理の答弁はひどいですね。

彼だけじゃない。
ニュースというか話題にのぼるひと(政治家)は全て問題がある。

それを煽るのは SNSなんでしょう。

代表と呼ばれるひとは、国や会社問わずちょっと子供みたい。
大人であって、子供たちや若いひとのお手本でないといけないのにあまりにもひどい。

支持率うんぬんじゃなく、いいか悪いかは個人で判断していくしかないのかな。
右へ倣えの考え方、もう通用しないんだよ。

で、ラジオ体操を推すんですよね東京都、、、

先頭に立つべき人が迷っちゃってるな。


Scatter Brain

このバンド、たぶん唯一New York Hard Coreの流れからミクスチャーに流れ込んできたバンドだったと思います。 ほかにもあったのかもしれませんが、知名度というかバンド名だけだとScatter Brainじゃなかったかな。 といってもファンクメタルとうより、様々なジャンルをぶっこんだ音楽性なので、ラップ調のボーカルでチョッパーベースを曲の中で、期待すると 肩透かしを感じてしまうかも。もとはLUDICHRISTというバンドからの流れです。このバンドのCD、東京出てきてやっと買えたのを覚えてます。 探したからな。Scatter Brainはすぐに買えました(笑 どの曲がオススメというより、存在じゃないかな、、、演奏力は高いと評判だったのが、当時の 評価ですね。何枚かアルバムも出してます。個人的にはLUDICHRISTが好き。

コンパクトフィルム カメラ

コンパクトフィルムカメラ。

単焦点とズーム機能のついた機種。

ズームの方が便利だけど、単焦点に人気がありますね。
先週行ったアラーキー展の帰り、外国から来ている人だと思いますが、コンタックス持っていました。

フィルムカメラは密かにブームなのかどうか、、、インスタグラムでも反応はイイですよ。

デジタルカメラの画像より、アートっぽく見えるのがイイのかな。
ロモグラフィなんかはそんな感じですね。

フィルム次第もありますが、スマートフォンのアプリケーションに加工で、むかしのフィルムっぽくできる機能があるってことは、もとめている人もそれなりにいるんでしょう。

僕はリバーサルフィルムのパキッとした雰囲気が好きなんです。
それとモノクロですね。


これはネガフィルムだけど、ぼんやりしていないのが気に入ってます。
アラーキーもそうだったけど、ぼんやりしてなかった。

ブログの文章もメリハリが効いて、はっきりさせているのが好きですね。

遠回しのながれは、なんとなく避けてます。

これと思った瞬間、ホント直感みたいな時に撮った写真が面白い!

コンパクトカメラなら可能かな。

2017年7月23日日曜日

Linkin Park

ボーカルの人が先日亡くなりました。 自殺だったとニュースで知りました、残念です。 このビデオクリップが大好きです。曲に合っていた。 このバンド、売れましたね。 ハードコアバンドを聴き続けていると、売れ過ぎるバンドはダメみたいな先入観でとらえてしまう残念な流れがあります。 僕も一時期そんな感じでした。 でも聴いてましたけどね、いろんなバンド。 H2Oが頭角を表したときもそうでした。少しまえからNew York Hard Coreが日本で人気が出はじめて、25 ta lifeを筆頭とした 重いイメージのバンド(少しギャングっぽい)が、メインとなり同時期に来日したH2Oは、そのメロディアスな音楽性から敬遠されて しまうというバカバカしい流れでした。 今になってはH2Oはしっかり活動しています。全盛期ほどのツアー数じゃないかもしれませんが、まだまだ人気ありますよ。 アンダーグラウンドだからカッコいいとか、メジャーに行ったからダサいとかくだらないですね。 このビデオクリップ、見直しましたがかっこよかったです!

contax tix


引っ越す前に住んでいた家のベランダ。

狭かったんだけど、ひとりの時は小さい椅子をだしてくつろいでました。

このタオルとでかい洗濯バサミ?の色が合っていたんで、contax tixを使って撮りましたね。

APSカメラのcontax tix。フィルムの保存状態がよくなかったんでしょう。
全体的に褪色していた。

被写体によっては、アジがあって好きなイメージになっています。

いまもベランダでパチパチと文字を打ち込んでいますが、風がきもちイイですね。

(リンク先は借りてしまいました、すいません)


このあたりの写真もインスタグラムにはアップしていきます。

2017年7月22日土曜日

食事

食事の大切さってどこにあるんでしょう?

栄養なのか満足感(満腹感)?

もしくは気の許せるヒトとのコミュニケーション。

身体を動かすモトなのか、もちろんどこかで口にしないとダメなのはわかっているんですが。

いろいろな美味しい料理を食べる楽しみもあるでしょう。

健康って部分にかぎって考えると、ベジタリアンと言うと健康的だねみたいなコトをよく言われます。

でも、食べる範囲が限られているだけで、僕から見ると色々な食材を気兼ねナシに食べられるほうが健康的なイメージです。

毎日3食ないし、まぁ、、、2食かな。誰かしら特殊な状況じゃないかぎり何かを口に入れる。
そんな食事。

今の僕は、身体を動かす一つの動作であり、身体を作るために欠かせない行動でもある食事。

なのでそこまで内容にはこだわっていません。
実際、パンや納豆がメインだし、糖分も飲み物で摂っている。プロテインは興味ないし、あるとすればスムージーぐらい。

でも無くても構わない。お水があれば気にならない。お水も水道でも構わない。
そう整理していくと、世間一般の健康的には当てはまらないんじゃないかな。

ベジタリアンが健康的ってわけじゃないんだろうな。


イメージ

イメージがわかないところへは行きませんね。
大抵、それってイベントみたいなところです。

入っていくと、大体こんなヒト達がいてお酒が出て、、、ってパターン。

もう2年ぐらい前から行く気がおきません。

でも何となくイベントごとがあると行かないといけないってなりますが、
はたしてそうなんでしょうか?

僕の行っていた専門学校時代の友達が、年末に誘ってくれる集まりもそんな一つでした。
最初に行ったときからそこまで楽しくなかったな。

その友達が言うには、来れば何か繋がるかもしれないよって言いましたが、そこは40代後半です。

もう守りに入っている連中なんで、ただの飲み会なんですよ。

3回ぐらい行ったけど、行くのやめましたね。
お酒飲まない僕にはキツかった。

食べるものもほとんどナイし。

大体コースメニューで、お肉中心。

でも、ベジタリアンでお酒、タバコを吸わない人生でよかったと思ってます。

みんな、イイ連中で友達だと思ってますが、だからなんでも一緒というわけにはいかないのかな。

時間はみんな平等なんですよね。

PRIMUS

このバンドは難しい、、、。 ミクスチャー全盛期に、注目されたバンドの一つで今もアルバムも結構リリースしています。 僕はこのアルバムから聴いた記憶があるんですが、ハードロックやスラッシュメタルをベースにした軽快な ファンクメタルを期待すると、肩透かしをくらってしまう。そんなバンドなんですが、演奏というか楽器のフ レーズにはそんな部分を、かるくねじ伏せてしまう。 そういった魅力をもっていると思います。 ただ、Tシャツは集めましたねぇ、当時。 このアルバムの前作だったかな?そのジャケがあまりにカッコよくてさがしました。 一回だけだと、とっつきにくい曲も多いけど、ビデオクリップになっているものは聴きやすいんで、そこから聴くのをオススメしますね。

結構、目覚めはイイほうです。
スズメのさえずりが朝から聞こえてくるのは気分イイですね。

となりの家の蓮に、トンボがとまっていました。
近くに寄ると、いったん飛び立つけどまた戻ってくる。

なかなかトンボを間近で見る機会というか、見ようと気づくことも減ってきたんで
新鮮でした。

mac book air をベランダに持ち出しなんか書いているのも、まぁ、楽しいっちゃあ楽しいですね。


今の部屋。べつになにもないけどシンプルでイイ感じです。

ロゴもなし。

ただ、コーヒーをいれているだけの朝。
INSTAGRAMの広告なんとかならないのかな。

いらないですね〜、アレは。

2017年7月21日金曜日


ちょいずれてます。
でも構いません、インスタグラムにはずれていないほうを載せました。

コンパクトカメラだと、この店内の暗さに期限切れのフィルムをつかうと、不思議な色合いとザラつき感がでます。

ザラつき感がダメなら仕方ないんだけど、面白いんじゃないかな。

感度1600のフィルム使ってないんで、そろそろ出動させようと思ってます。

昼間は暑過ぎるな、都内。

こんなんじゃ出かける気になれない。

街中に出ても結局、お店でショッピングかカフェでスマホですよね。

時間とお金と、創造力を無くしますね。

このままだと。

24-7spyz

Living Colorの後ということでこのバンドもはずせません。 24-7spyzのほうが、ミクスチャーっぽい部分が強調された楽曲が多かったとおもいます。 1stアルバムもイイんですが、これもメジャー感のあるこちらを推しますね。 もともと最初のアルバムがIN EFFECTからリリースされていたのもあり、若干ハードコアのイメージも プラスされてか注目集めました。ファンクからレゲエ、ヘビーメタルまで吸収したそのスタイル。 黒っぽい部分がつよいですね。 スラッシュメタルの切れより、粘りのあるギターリフも独特かな。 ミニアルバムがほかにあるんですが、その1曲めはかなりカッコいいんで一度聴いてみて欲しいです。 奥が深い楽曲。 ミクスチャーやヘヴィなサウンドだけで敬遠するのはもったいないです。

アラーキー展

久しぶりに展覧会にいきました。

アラーキーさんの写真展を新宿オペラシティでやっていたんです。
何カ所か都内で開催されているようですが、ゆっくり観れそうなイメージで
オペラシティを選びました。

平日もあってか空いていましたね。
なんで落ち着いて自分のペースで観れました。

ほとんどがフィルムカメラのようだったんです。
僕はいまフィルムカメラを普段使用しているんで、こうなりそうだなイメージでいたんですが
まさしくそんな感じでしたね(笑

何度もブログでも書きましたが、こうじゃなきゃイケないんだぞっていう姿勢とは真逆なアプローチです。

カメラが好きでキレイに細部までこまかく撮れないととか、何万画素じゃないとダメみたいな捉え方だとつまらないでしょうね。

去年だったかな、都内近郊のカメラ屋をまわっていた時に、店主と話をするとこのレンズがどうこう言うおじさんは、大体CONTAXを推してきますね(笑

カールツァイスが一番みたいなことを大体言われたかな。

聞いてもないのに、ファインダーを覗かせてくるんだよな。
正直どっちでもイイんですが、、、

アラーキー展はそういった部分をあたまから取りのぞいてくれました。
被写体のモデルも一般の女性がほとんどで、タレントや女優はナシだったんじゃないかな。

その他の部分もいろいろあるんですが、誰でも平等に写真は楽しめるんだよっていうのを再確認できた気がします。

有名人や有名な場所、そんなものじゃなくても成立するんだってコトですね。

そんなモノにとらわれているプロダクトは、やっぱりダサいんだな。

2017年7月20日木曜日

カメラで切りとる。


好きなことに没頭するのは、悪いことじゃない。

僕の今なら写真やトレーニングといったコトなんだけ、必ずしも誰にでも当てはまらないんだよね。誰もが時間を費やせない。

その時間をどうやって工面するかが、何かを買うとか揃えるより考えないといけないと思う。

今住んでいるマンションの隣の家のまえに、小さい水槽?というか鉢があってそこに睡蓮かな?蓮かわかんないけど咲いています。結構キレイで、この前の朝にゴミ捨てで出たら女性がミラーレスで撮影していました。

その時、部屋に戻って一眼レフをもって自分でも撮影したんですが、次の日の朝もう一度見てみると同じヒトが撮影していました。一脚もカバンにいれていたんで本格的だなと思い、時間をずらしてもう一度外に出ると、まだ撮影していましたね。

散歩がてらもしかすると毎朝撮っているのかもしれません。
時間をそこに割いている。そこに行かないと撮れないんで(当然ですが)、毎朝少しずつでも続ければ膨大な量で、撮りかた見え方も変化していき上手く撮れる角度も自然に身につくんだと思うんです。なかなか出来ませんよ。

でも仕事だったらやらなきゃいけないのもあるんですが、毎回続けるんで身にはつきます。
これを好きなコトに置き換えればイイだけのこと。

カメラと筋トレはオススメしないけど、好きなコトを続けるのはオススメしますよ。