2017年7月29日土曜日

勉強中

ここのところ暑い日が多いです。
梅雨もあんのかないのかよくわかりませんが、少し前にあけました。

カメラ持って出歩いていたのが、この季節どうだったんだろうと思い返すんですよ。
海にいくときは喜んでもっていってたのは、なんとなく覚えてる。

NIKONOSがあったんで。
もちろん今も使ってますが、Canon Eos1NやNikon F4が手元にあるとなると、特殊な状況じゃないと使わないな〜ってなってました。

NIKONOSって水中じゃなくても綺麗に写るカメラなんです。
撮影距離だけ注意して設定してやれば、シャープな写真になりますよ。

以前、セブ島に持っていった時もモノクロフィルム入れるとイイ感じで撮れてました。
感度400だったかな。

そんなNIKONOSでフィルムカメラ学んだかもしれません。操作する部分も多くないし、明るくしたければフィルム感度いじっちゃうし(これが正しいかわかりません)

水を内部に入れちゃダメっていうのが、どうしても頭から離れないんで注意して扱っていたし確認もマメにしてた。だからクセがついていってたんだと思います。

コンパクトフィルムカメラはたしかに楽なんだけど、よっぽど撮る対象物に注目というか考えないと、現像から上がってきたのを見てみると同じような写真ばかりになってしまう。

僕はどうしても一眼レフがすきです、重いのが難点だけど。
35mmや28mmはコンパクトカメラに多い画角かな、広いイメージをバランスとって一枚に収まるようにって感じだと思う。広角は最初面白くてレンズ使っていたな。
今はもう少し自然に撮れる50mmとか、、、これって決まったら50mm。ちょい迷い気味のときは少し広角ってな感じ。

NIKONOSでも広角使いすぎると、バランスが悪くなってしまって僕が考えていたイメージには程遠かったんです。海の上っていうのもあったから、動き回れなかった。

自分が海に入って撮ればよかったんだとか、後で気づくパターン。
そんな中での一枚がコレ。