2016年5月28日土曜日

浅草三社祭

浅草三社祭に感じたこと。

たぶん初めて行ったと思う浅草三社祭。想像していた喧騒感はなかった(もしかしたら時間帯にもよるのかな)というより少しくたびれた感が強く感じたんだけどどうなんだろう。
暑い気候のためか、結構グダグダ感はつよかったように思う。ただ、観光客(外国の人たち)はかなり多くて熱心に写真を撮っていたな。
建物の前に飾ってあったこの飾りは綺麗だった。下町の家の雰囲気にあっているからかも。昔ながらの造りの感じはまだ残っている浅草。できれば残していってほしいですね。中途半端に便利な街には向いていないし、風情のある日本らしい景観は必要だと考えてます。これは衣食住の全てについて常日頃思っているんですよ。
この写真はフィルムカメラで撮影したモノ。天気がイイとコンパクトカメラでも綺麗に撮れるもんですよ。OLYMPUS XA-3 を使ったのかな。上の写真はデジタルカメラ。PENTAX K-50で全てオートモードで撮影(楽チンなんで)

まぁ、日本が全てっていうわけじゃないんだけど、日本の良さって和な感じじゃないのかな。洋服はもちろん好きだし普段は洋服メインだし(当たり前か)、、、でも和のスタイルはどこか気になるかな。畳の匂いや、白いお米もそうだしお漬物も。素朴なモノに囲まれているのが安心できて好きですね〜、最近は。