2011年3月14日月曜日

今朝、一度駅まで向かったんだけど電車が遅れてるのとあまりの混雑に一度家に戻って自転車で会社まで。みんな考えてる事は同じらしく早めに駅に向かってたようだ。だって俺の行く時間は混む事はまずないから。で、会社まで久々に自転車通勤したんだけど、驚いたのが自転車の多さ。渋谷が勤め先ならママチャリでも頑張れば行ける距離。確かに246沿いのバス乗り場は異常なまでの行列っぷり。あれなら歩いた方がよっぽどマシじゃないか?って思ってしまう。で、帰りもまた凄い数の自転車、、、でも皆さん見事に歩道と逆走全開って事は普段は通勤には使ってないんだろうね。で、俺は行きに一度だけクラクション鳴らされただけで後はスイスイと帰宅。でもあのクラクションは俺に対してだったんか?場所も国会議事堂の警察官の前だったし、そんな無茶な走り方してなかったけど、、、でも聞こえちゃったものは仕方ないですね。ホントは自転車で通勤したくなかった。ここ一週間花粉症が酷くて目がショボショボするんだよね。特に自転車漕ぎだすと。って事は涙目になるって事だから危なくて。まいるなぁ、、、日比谷から大手町あたりまでオフィス街抜けて行くのは気持ちイイ。特に夜は。
トラックバイクで走ってます!って感じで。誰とも走ってないから最初から最後まで自分ペースで自由だし。一体になる感じ、街と道と車と街の空気と。花粉が無ければもっと最高だけど、、、

で、触れるべきかと悩んだ地震について。ブログに書くべきか悩んだのも事実。何故かというと何も出来なかったからです。もちろん悲しい事だし怖い事でもあるし、でもテレビやyoutubeを見てた自分は情報慣れしてるのか裏から深読みしてる感じでそんな自分が嫌だったのかも。
被災してる人の事なんて理解できるのかって、、、出来てないでしょ。ホントは。それでそれっぽい事をここで書くのもね。俺がこの3〜4日で感じた事はただ一つ、恐怖だけ。それも大きく揺れる会社で感じた恐怖。もしこれが岩手や福島、宮城だったら喪失感でいっぱいだったろう。それか死か。もちろん経験しないにこした事はない。経験してしまった人達に何か出来るのか、それは俺には分からない。周りは停電や電車の運行状況、道路の規制に不平不満ばかり、政府には隠さず情報公開しろとか。web上ではそんな事しか言えてないヤツばかり。だったら行けよ、現地にって思う。電車が動かないなら歩けって。歩いて行けるならまだマシじゃん。俺、金曜日は平井の会社から三茶まで徒歩で帰宅したけど、それは俺に歩いて帰れる自信があったから。でも日比谷で地下道歩いてた時、お年寄りはみんな地下鉄の改札前に座ってた。つぶやく事は誰でも出来る。それで満足する事なんてもう終わってる。

手から手へ。人から人へ。渡せるものがあるほうがずっと素晴らしい。

俺はそういう事の出来る人と遊びたい。