2011年6月14日火曜日

置き去りってやつは非常に恐ろしいです。服の世界は流行があるので、感じる事を怠ると置き去りになってしまいます。ココ何年かはそれが顕著に感じられるんですが、俺が一番危険だなぁって思うのが実はwebではないのかなと思います。街に出て感じるスピードとwebのスピードが違いすぎてwebが正しいんじゃないかと思い込んでいる自分がたまにいます。

簡単に言うと、刺激を与える側が与えられている現状。それがwebであって、その前にへばりついている事がもう流行から置き去りにされているのではないかと。そんな中、一本筋を通して強い個性を出せる何かを持った人はスクっと立っていれると思うんです。自分がそうなれなくてもそれに気づかせてくれる友人が俺の周りにはいてくれて感謝してます。