2015年1月7日水曜日

humour ブログのタイトルですが、どっかのエントリでも説明してたかも知れない。ユーモアをシリアスに捉えすぎてムッとする人が多いんだなってずっと思っていました。自分の意にそぐわない事はムッとしてしまう。大体、ルール(規則)に反してると判断したらそうなるのかな。こうじゃなきゃいけない!ってトコ。昨日、書き初めをしていた娘の作業を終了後に自分で何十年ぶりにチャレンジしてみました。一応、収まりよく書いてみたけど、あ〜これがルールに縛られてるんだなと。学校で書くお題も決められているらしく、これじゃあな〜、コピーしたものしか出来上がってこないよな。どうせやるんだったら、思いっきり大きい半紙にみんなで書くとかすればイイのにって考えてしまいましたよ。最後は勢い良く燃やしちゃって!なんて。 humourの無い人生はつまらんと感じるのは、僕だけすかね。 humourを表現し理解できる、それで伝えていける、そんな人でいたいと 少し遠慮気味に思います。