2011年5月24日火曜日

ベジタリアンだからではナイけど、原発問題で置き去りにされた牛達を殺処分するニュースを見て心が痛む。どこかの県であった鳥インフルエンザもそう。自然の仕組みを壊した人の文化の尻ぬぐいみたいなもんだな。最近、口にするものに大変気を使っているんです。食べる量や回数。それと含まれている内容など、、、出来れば自然に近い食事、最低限の調理で済ませたもの、味付けもね。身体の調子を崩すのは食べ物じゃないのかなってココ最近考えてます。癌についてもね。お米も必ず食べなきゃいけないルールとかあるのかな?とも考えますよ。美味しいから沢山食べる、その美味しいっていう感覚は今の身の回りの食品がただあるから感じるだけで、本当に必要で美味しいものっていうのは違うのかな、とも考えてしまうんだよね。味の濃いもの、どこかの有名店のコラボお菓子。たしかにどんどん食べてしまう。それが美味しいの価値観かも知れないけど、俺はそうじゃない気がするんだよな、、、最近。日本の食って何なんだろう、、、とも思う。本場のイタリアンってラフなメニューだった。日本でお洒落なメニューに見えるけど、実際には素朴だった。香港でも大衆的なメニューは素朴で美味しかったと思う。アコちゃんトコで飲んだコーヒーも素朴なブラックで苦手だったのがスイスイ飲めた、というか初めて美味しいと感じた。ファミレス(あんまり行かないケド)、居酒屋、BBQとかめまぐるしいメニューや種類より3品ぐらいで自然なバランスの食事がしたいんだよな。出来れば。難しいんだけど。欲張りすぎじゃないのか、今の世の中。詰め込んで詰め込んで、情報増やしても。消化してなかったら何も残らない気がする。それって食べて身体のエネルギーにするのと似てるんじゃないのかなぁ。

で、ココから個人的に。やっぱり牛もそうだし魚も含め、生き物を見てるとベジタリアンで正解だなって思うわ。こういう事書くと、また過剰に反応する四ツ木のTATTOO一年生がいるから困るんだよなぁ(笑)

じゃんけん弱いし、、、あの人。