2016年7月11日月曜日

選挙

選挙が終わりました。今まで45年間生きてきて多分ですが2回目の投票です。
政治に関して何か変わるとかを選挙の結果に求めていないのが僕の考えです。

投票はあくまで紙に候補者の名前を書いて箱に入れるだけです。

政治家やリーダー的な肩書きの人はあくまでそういったポジションにいるだけです。

税金が存在していて納税をするというのもそれだけの行為です。お金というモノに価値と言うモノを見出すだけです。

日本人なので日本という国の政策にどうこうと言うのもありません。

一つおかしいと感じたり考えるのは、税金から政治家や公務員の給料が支払われているという部分です。対価を得るための努力、相手があっての対価。それが自然と毎月自動的に
流れてくるお金で賄われているのに違和感感じます。書類制作なのかデータ制作なのか知りませんが、誰かと何か知恵を出し合い手を動かし想像力を働かせて何かを創る。このコトの結果での対価だと思います。その相手が国民なのかもしれませんが、僕たちは自分の進むべき道を今まで以上に自分たちもしくは家族で決めないと、この特に東京ではイイ暮らしを築くのは困難になるような気がします。雑誌や何かで華やかに見える衣食住を実現するなら、さらに多くのお金を家族単位で懐に入れないと難しいです。大きな入れ物にオーバースペックな道具、さらに増えるモノを収納するスペース。それを手に入れるにはさらに必要なお金。そのために犠牲となる時間と身体。どれを選びますか?

僕は時間と身体を選びます。

最初に戻って選挙ですが、次の選挙で少し変化していってほしいですね。
若い世代が参加すれば、変わると思います。