2015年6月30日火曜日

、、、

自転車と徒歩で都内を移動していると、いろいろ気付かされます。山手線の主要駅の中は盛り上がっているように見えますが、少し歩いて外れるとかなり寂しい風景が都内であっても目立つようです。大きな道路沿いにある商店やお店はクローズしているところが多くて、リサイクルストアはただの粗大ゴミ置き場のような感じも多く結局モノに囲まれて溢れかえった結果がこの状況じゃないでしょうか?5月に長年住んでいた家を引っ越したのですが、ほぼ自分で買いためた(溜まった)モノは処分しました。まだ少なくしていけるのもわかっていてこれは新たに買うのを出来るだけ控えていこうと考えてます。広い場所に住んでいて会社の往復で1日が終わる生活は時間の進行も早く、空間があるからという理由で何かモノを買ってしまう。ただ、買ったモノで本当に使えるのは1%にも満たなくてあとはカタチになったモノが空間を埋めているだけでした。まぁ、人それぞれなんでとやかく書くのもあれですが、モノになるべく固執しない生活に切り替えていくよう心がけてみます。といっても何か売るなりしていかないと生活できないっていうのもあるんですが、モノを売るより考え(アイデア)を売るみたいな事が出来れば面白いと思います。デザインなのか何なのか、、、