2011年12月30日金曜日




ポートレイトまではいかないけど、それに近いものを撮影させてもらいました。
スタジオで撮影したんで、キレイだったし最近は逢えなかった友達と話をしな
がら作業出来たんで楽しかったな。

いろんな雑音が耳に入ってくるんだけど、そんなつまらない音に耳を傾けては
られないのが今の気分。でもですね、今日した事は楽しみでもあるんだけど
俺にとっては作品なんです。俺の作品ではなくて撮影してくれた友達の。

いわゆる、ARTではないかも知れないし今の話題でもないかもしれないケド
立派なセッションでした。小さい動きでイイんだよね、今は。

余計なノイズはいりません。

今日聞いたカメラのシャッター音は、心地よいノイズ。

サンキュー!!

2011年12月29日木曜日



忘年会らしい事が出来そうになかったから、タカシ君とこに何気なく行ってみて。

そしたら忘年会らしき!ことが出来た!

このあと、イケちゃんと3人で恵比寿でグダグダ、で二人で渋谷のクラブへGO!
したけど5分で退出!で帰宅でした。これまた珍しく俺にしてはフレンドリー
にした夜中。

一番上の写真はイイのが撮れた。インスタにはのせるのヤメた写真。
ブログで知ってる人達のみに。

お疲れでやんした。予定調和のナイのが気持ちイイ。
スルっと始まり、スルっと終わりな感じ。

夜遊びの内容が変わったのかな?

wtaps

テツ君、タカシ君、イケちゃん アリガトウ。

2011年12月27日火曜日

一応、営業的には今日が最終だけど、明日も仕事。今年も後半に勉強になったのは専門知識よりもいかにコミニュケーションを上手くとるのかっていう部分。明確に確実に。中途半端はいけないっていう事。

スピードを競っても仕方なかったし、それは考えるのをやめた後半だった。

確実に仕事を終わらせるのも必要だった。

目先の好きな部分、興味のある部分のみに目を向けるのをやめて良かった。

ファッションと呼ばれる仕事の中では地味だったけど、一番大切なトコに触れられたのが
イイ経験だった。

で、その結果はファッションに対して以前より興味が持てたし服を買ったり探したり着たりするのが楽しくなった。

要はオシャレというヤツを再発見出来たコト。

残念なのは、均一化していく街がね。



今年後半、気に入って聴いてた曲。
うるさいのが苦手な人には向いてません。

2011年12月25日日曜日

ここでの写真もあるのですが、ある意味ブログアップは出来ません、、、
親分は時間が経つにつれて声が出なくなっていく始末
イッセー君、先週末の悪夢が再び、、、


なかなか更新出来ないですね、最近。色々な事に時間を使うとブログが書けなくて。今年もあと少しで終わり。思い返すと時間の経つのが早かった。部屋の中を見回すと、物の配置が変わってなくて、困りもんですな。

で昨日の写真。ちなみに昨日はクリスマスイブ。

俺にしては珍しく、遅くまで。楽しめました。

タイジ君、イッセー君、アキヒト親分アリガトでした。

2011年12月18日日曜日



なんだかんだ観てしまってるこのシリーズ。俺は素直にカッコいいと思って2回も続けて観てしまった。

考えなくてイイし。







番外編

見づらいけど、先週の丸の内。
video

2011年12月11日日曜日







四ツ木までチャリで。

メッセンジャーな走りを経験できて楽しかった。俺には出来ない走り方。後ろから見てると
スキッドをほぼしない、ただ信号も止まらない、、、なるべく進んで行くんだなと。車に対して車線変更の合図を送るのもなかなか出来ないなぁ、俺には。参考になりやした。

まぁ、警察にも怒られ、リバースあり。お店に自転車をぶつけたりなかなかの珍道中。

丸の内で3人で寒空のなか、何故か外でお茶。皆既月食も見れたんだけど男3人でボケー
っと空を見上げるのは何とも、、、でも楽しかったですよ。

タカシ君(a.k.a. マリアッチ)、IKEちゃん、DAI君(あっ凧)アリガト。

あっ凧でハラ坊とタカシ君が会ってバッグの事を話してたのが俺的には嬉しかった。

ではでは。

2011年12月6日火曜日

最近、、、先週か。大きなファッションのイベントがあったみたいで。どんな内容かは行かなかったから分かりませんが、ファッションの流れが少しでもイイ方向に変わってくれればと思うな。ファッションって言葉が日本にはあるのかな?と思います最近。

俺は知ってると思うけど嫌いな言葉、ストリートという括りの中で生活してきたんです。でもそんなの気にした事ないし、、、まぁ、今でもストリートという括りが嫌いです。



ファッ ションって着るものだし、形になったものを身にまとうわけだからデザインを気にするのは当然。でもデザインされてないシンプルな服しか着てない俺。周りも そんな感じ。確かに専門学校生時代は周りがデザインされた服ばかりだったのに、俺はシンプルな服装だった。まぁ、高価だったし。俺にはポンポン買えなかっ たのもあった。彼らはバイトしたお金のほとんどを洋服につぎ込んでたしそのエネルギーは今から考えると大したもんだしそれを見てたから俺は逆のスタイルで いけたのかなって。もし俺が東京に来て周りがみんなstussy着てたら、
また見方が変わってたかも。そうじゃなかったからね、デザイナーブランド全盛期だったし。
今だったら、、、着れないなぁ、、、でも、当時がそれがオシャレだった。

オ シャレの度合い?は変化していくのが当然。たまに本屋で買わないんだけどファッション雑誌をパラパラ見てて思うのが、流れ的に30代より上に向けてる内容 が多いのかな。ビンテージ系の服やアメカジみたいなのが多い気がする。出てるショップスタッフも若くない(スイマセン)感じの人が取り上げられてるの多い し、、、デザインも流行だから感性も変化していく。
それも流れ。それ考えると最初に見たものっていうのが重要か、、、

服を売る仕 事、デザイン、、、企画する仕事、、、で、今は生産して納品する仕事。もちろん俺が縫製してるわけでは無いので生産は語弊があるかな。で、今でも思い返す と一番、洋服について考えていたというか楽しんでいたのはバンタン時代。多分、服が軸でオシャレが軸だったんだろう。

ビンテージ 確かにカッコいい服多いしイイとは思うけど1着も持ってない。ビンテージ物からインスパイアされているのも理解出来る。でもビンテージにはなりたくナイなぁ、、、
正直言うと似合いたくナイ、、、

こ こまでは書いては消しの繰り返しで放置もいれて1ヶ月。その間、めまぐるしく仕事してたんですが、やっぱり無理矢理詰め込んだ仕事は上手くいかないという かどこか中途半端なんだと再確認。何でもショートカットしていく毎日は疲れるのが本音。ショートカットが必要な時もあるんですが、、、

内容があるのかないのかわからない文章で申し訳ない。アップするのやめてもよかったけど
せっかく書いたんでイイかな。

2011年12月4日日曜日







学生時代の仲間と、お世話になった講師の誕生日会で二子玉へ。
卒業してから18年ぐらいか。服飾だった事もあり40代でもまだ
まだオシャレには気遣ってるようで、ホっとしやした。

こちらの講師、唐木先生も81歳。オシャレな人です。

みんなとは年に一度くらいしか逢えないけど、機会があればまた
話しましょう。